企業が聞きたい!面接で回答すべき志望動機のポイントと作り方

 

面接時にテンプレのような回答しかできず困っているということはよく耳にします。採用担当者にどうすれば有効な志望動機が話せるのか。実際に採用担当で多くの面接を経験された榊原さん(仮名)にポイントと作り方をお聞きし、こちらにまとめました。

エンカレッジイベントバナー

企業の採用担当者はなぜ志望動機を質問するのか

企業の採用担当者はなぜ面接で志望動機を質問するのでしょうか。

面接のてっぱんな質問例といえば、他に、「学生時代力を入れたこと」「就活の軸」「自分の強み・弱み」などが挙げられます。

実はこれらと性質が全くことなるのが、志望動機となるのです。

他のよくある面接の質問例は、みなさんご自身のことを聞く質問です。

ただし、志望動機は、その企業に対する「思い」 について聞く質問となります。

そのため、面接で唯一、企業についてご自身が思っていることを伝えられるシーンとなるのです。

最初の質問に戻りましょう。「企業はなぜ面接で志望動機を聞くのか」。

理由は、面接で志望動機さえ質問すれば、受講している企業に対しての本気度がわかるためです。

志望動機はテンプレ的に当たり障りのないことを答えるのは簡単です。
例えば、「御社の商品を愛しているから。もっと多くの人に届けたい。」というのは、よく耳にする志望動機の解答例ですが、どうもイマイチ本気度が伝わってこないです。
それよりも「商品企画を学びたい。その上で業界トップの御社であることが重要だった。」という方が本気度が高いように聞こえませんでしょうか。

このように企業は、面接時に志望動機を質問することで応募者の本気度を測っているのです。

つまり、企業は、当たり障りのない回答にうんうんと縦に首を振るために志望動機を質問しているわけではないのです。

逆に言えば、志望動機は最大の自己PRになり得ます。

自分の強みや学生時代に頑張ったことは所詮、社会人経験のない過去経験のPRにしか過ぎません。
しかし、志望動機はいかにその企業に対していかに本気であるかを示すことが可能です。

だからこそ、本気度の伝わる志望動機をしっかりと準備してから企業の面接に取り組んでいただければと思います。

面接の志望動機で見られているポイントと作り方

では、さっそく企業は何に本気度を感じ、違いを見極めているのかを考察していきます。

まず、面接で企業は当たり障りのない志望動機に聞こえてしまう理由をお伝えします。

先ほども例に出した以下の志望動機はなぜ当たり障りのない回答に見えるのでしょうか。
「御社の商品を愛しているから。もっと多くの人に届けたい。」

結論からいうと、こちらが響かない理由は、「自分自身の動機が生まれた背景やきっかけを伝えていないから」です。
つまり、その企業の中から自分が志望しそうな動機を探し出し、取ってつけたような志望動機になっているからと言い換えることもできます。

本来、志望度の高い企業を志望するプロセスは、
①:自分の中で〇〇の理由で就職先を決めたい。
②:それに該当する企業は〇〇である。
となるはずです。

この順番が逆転してしまい、後付けのような志望動機になるから、当たり障りのない志望動機になってしまうのです。

だからこそ、以下のプロセスで志望動機を作る必要があります。
①:内発的に自分のしたいことを結論に持ってくる。
②:その結論に志望する企業のどの部分が該当するかを「裏付けの理由」として付け加える。

そうすると、先ほどの志望動機は以下のように修正することができます。

「大規模なマーケティングを行っている企業で働きたい。さらには、普段から愛している商品のマーケティングに携わりたいと考えている。」

まだ当たり障りのない志望動機の域を超えてはいないのですが、内発的な動機、個人のやりたいことと志望してきた理由をようやく聞けたように感じると思います。

さらに響く志望動機へと修正していきます。

志望動機の裏付けの理由に「企業に対する個人の見解」を加えてください。

見解を入れることを恐る人が多いのですが、これは仮に間違っていても問題ありません。
ここでしっかりと調査をし、企業を研究していることをアピールしていきます。

先ほどの例にさらに加えていきます。
「大規模なマーケティングを行っている企業で働きたい。さらには、大きな規模のマーケティングを展開しているのにもかかわらず、消費者のフィードバックを細かく商品に反映されているスピード感を持ち、トップレベルの施策と実績を兼ね揃えている御社で働きたい。」

ここまでの志望動機を面接時にバチっと言われると採用担当者も惹かれざるを得ません。
なぜ魅力に映るのかを解説していきます。

まず、「マーケティングをしたい」ことを大上段で持ってきています。
そのため、マーケティングの視点から、企業を研究していることに一貫性を持たさなければなりません。
あとはそれを実践していき、そこの企業をどう評価していて、魅力に感じたか、というストーリーにつなぎ込めば十分です。

こうすることで、当たり障りのない志望動機を脱却することができ、それどころか魅力的な志望動機に生まれ変わることができました。

ここで一つ注意点も合わせて覚えておいてください。よくやってしまいがちなのですが、切り口をなしに企業を評価しようとしてしまうことです。

例えば、採用メッセージをみて、「人を大切にする会社」と企業として、それを評価し、魅力に感じていると面接で伝える。
こうするとたとえ自分の見解を入れたとしても、当たり障りのない志望動機になってしまいます。

そのため、自分の興味のある視点=切り口を大上段において、企業を研究し、面接時にその評価を志望動機に加えて話すことが重要になってきます。

また実際に内定者はどう志望動機を伝えていたのか、こちらが気になる方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

トップ企業6社から内定した就活生が語る、志望動機の書き方

企業に響く面接で有効な志望動機の回答例と流れ

面接で話すべき志望動機に関するポイントは少しずつ掴めて来たかと思います。

最後に、ポイントと作り方の例のように、NG例とそれを魅力的に変換させる例をいくつか列挙していきます。

面接ケース1:IT業界

NG例
「OB訪問で御社は優秀な人が多いと感じ、成長できる環境だと思ったためです。」

修正例
「変化の早い環境で新しいサービスを作る力をつけたいからです。新卒は2-3年内で複数の職種を経験すること、仕込み中のサービスが毎月10は新しく生まれることをOB訪問でお伺いし、魅力に感じました。」

解説
「成長できる環境というのがどこでも当てはまるためNGです。具体的に入社をしてどのような力をつけていきたいのか。そしてその根拠となるような企業独自の事例を話してください。」

面接ケース2:総合商社

NG例
「私自身海外経験が長いため、発展途上国の地域貢献をしたいと考えたからです。」

修正例
「本質的な発展途上国の地域貢献をしたいからです。海外でのボランティアを行ったことがあるのですが、雇用は大きなビジネスじゃないと生み出せず、日本の企業でこれが実行できるは御社はじめ総合商社だと考え志望しました。」

解説
「グローバルで活躍したい。それが総合商社でなければならない理由。の2つを志望動機に盛り込む必要があります。発展途上国の支援をしたいなら、NPOに入ったほうが建設的です。そのため、大きな規模のビジネスではないとなし得ない動機を入れておくことが必要です。」

面接ケース3:金融(メガバンク)

NG例
「様々な企業と関わりの中で、経営の知見をつけたいと考えたからです。」

修正例
「大企業の経営の知見をファイナンス視点から身に付けたいからです。さらに、世に残せるような一大プロジェクトに、多くの当事者と関わることができるファイナンスというアプローチから関わりたいと考えています。」

解説
「こちらも同様メガバンクじゃなければいけない理由を持っておく必要があります。金融業界は別の機関や企業であっても、やっていることが似ていることが多いため、他ではなく、なぜメガバンクなのかという独自性を持たせていく必要があります。」

面接ケース4:食品メーカー

NG例
「御社の商品を実際に食べた時に感銘を受けたからです。この商品の良さをもっとグローバルに広めていきたく志望しました。」

修正例
「日本経済の回復には、食品という切り口が必要だと考えているからです。学生時代に培った英語力とリーダー経験を生かし、グローバルでの御社の経済的優位性を高めていきたいため、志望をしました。」

解説
「食品業界でやりがちなのが、その商品が好きというPR。それはあくまで消費者として、その企業の一面を見てる他ありません。そのため、生産者として、どうキャリアを歩みたいかを明確にしておく必要があります。」

榊原さんの教える面接時の志望動機への回答のポイントは掴めたでしょうか。

おさらいをすると、以下のポイントとなります。

①自分の中の就職に対しての内発的な動機をつくる。
②志望動機をつくる企業の中に①を探す。
③それに対し、研究を深め、志望動機としてのストーリーとしてまとめる。

響く志望動機をつくり、納得感のある就活をしていただければと思います。

トップ企業内定者に志望動機の書き方を聞いた記事は以下に記載しています。参考にしてみて下さい。

志望動機書き方の極意!トップ企業6社から内定を得た京大生が語る

 

エンカレッジイベントバナー