非通知電話は重要な連絡かも!就活生が知るべき非通知電話の対応法

 

就活で選考が進んでいくと、企業から連絡がくることも増えます。就活中、携帯電話に非通知で電話がかかってきたら、それも選考中の企業からの連絡かもしれません。 今回は、非通知で電話がかかってきたらどう対応したらいいのかをお伝えしていきます。

エンカレッジイベント

 

 

なぜ企業は非通知設定で電話をかけてくるのか?

最近では選考結果をメールで連絡してくる企業も増えてきていますが、急を要するときは電話の方がやり取りが早いため、連絡方法に電話を活用するという企業はまだまだ多くあります。

 

その時に非通知設定で電話をかけてくる企業も中にはいます。電話番号の表示が非通知となっていると「怪しい電話ではないのか」と思って電話に出なかったり、電話に出たとしても「この企業は危ない企業なのではないか」などと非通知設定をしていることに、その企業を疑ってしまう就活生もいるのではないでしょうか。

 

企業が非通知設定をしているのには理由があるからです。決してやましい理由ではありません。実は非通知で電話をかけることは企業側にとってはメリットがあり、またビジネス上で必要という理由で設定しているところがほとんどです。

 

企業にとって非通知で電話をかけることは特別なことではありません。

 

なので、必要以上に怪しまず電話に出たほうがよいでしょう。では、企業が非通知設定するメリットや必要性とは具体的にどういったところなのか、その理由を考えてみましょう。

セキュリティー上の理由

セキュリティー上の問題で非通知で電話をかける企業も多くあります。万が一、間違った相手に電話をかけてしまったとしてもトラブルが起こらないように非通知設定にしているというパターンです。

 

企業は普段学生だけでなく、通常業務として仕事の取引先に電話をかけるという場面も多くあります。番号を間違えないよう確認をしてから電話をすることはもちろんしていますが、それでも押し間違えてしまったり、記録している番号がそもそも間違っていることもあります。

 

万が一、間違って電話をしてしまい、取引先に自社の番号が表示されてしまったら、「管理がなっていない」と印象を悪くしたり、タイミングが悪いときに電話をしてしまったら、今後の仕事に支障が出ててくる可能性もあります。

 

電話一本でそのうような事態になることは企業側としては避けたいところです。

 

そのために間違えて電話をしたときのことも想定して、非通知設定で対策をとっている企業も多くあります。

就活用の特別回線を引いている

新卒の採用期間は決まっていますので、その間だけ特別回線を使用する企業もあります。新卒採用の選考のお知らせや結果は、エントリーしている就活生に一斉に、採用期間に集中して連絡を取っていきます。

 

特に大手企業ですと、エントリーしている就活生の数が膨大ですので、普段使っている回線だけでは足りないという状況もでてくるでしょう。

 

そのため、期間限定で回線を増やすという処置をとる企業もあります。使用する回線は、採用が終わってしまえばその後引き続き使われることはありません。

 

採用終了後に就活生がその番号で企業に問い合わせをしてきても、既に使われてないので繋がることはありません。そういったトラブルを防ぐためにもあえて非通知設定にし就活生に電話をかけてくるというパターンもあります。

業務上折り返しの電話に対応するのが難しい

通常の業務に支障が出ないよう非通知設定をすることもあります。企業の電話には様々な電話がかかってきます。

 

電話対応だけでなく、取引先に出向いたり、打ち合わせで席を外したりと、業務は多岐に渡ります。

 

スケジュールが立て込んでいると、就活生の折り返しの電話や問い合わせの電話にとること自体が困難なときもあります。敢えて非通知設定にすることで折り返し電話ができないので就活生からの電話をとることもありません。

 

電話業務を企業側でコントロールすることで、普段の業務がスムーズになるよう非通知設定をすることもあります。また、企業によっては新卒採用の連絡のやり取りを採用担当者個人の携帯で行う場合もあります。

 

そのようなときは、採用担当者が個人の番号を知られたくない、就業時間外に折り返しの電話がかかってくるのを防ぎたいという理由で非通知にしている場合もあります。

外部委託をしている

人事部で採用活動を行っている企業がほとんどですが、企業によっては採用業務を外部に依頼しているとこもあります。外部に依頼すれば、採用にかかる業務を減らすことができ、また採用のノウハウが高い企業にお願いすることで、優秀な人材の採用ができます。

 

外部に依頼している場合、その依頼会社が就活生に連絡を取ります。就活生が番号を検索した時に、選考を受けてない企業からの電話だとわかったら電話に出てくれなくなるかもしれませんし、また混乱を招いてしまいます。

 

そのため非通知で電話をすることがあります。

 

採用業務を依頼された企業は、クライアントの秘密保持や情報漏えいを防ぐ意味でも非通知設定で電話をかけています。

企業側の昔からのルール

昔から企業の電話は非通知設定になっており、そのまま使い続けているケースです。こちらの場合は特に非通知にする深い理由などはありません。

 

古くからの慣習をそのまま引き継がれているという状態です。企業のなかには非通知設定を解除する方法が知らないからそのまま使っていることもあります。長い歴史があり、昔からのやり方を重んじる、古い企業に多く見られます。

 

以上が非通知設定をする主な理由となります。例え非通知の電話でも怪しまず、しっかり電話に出るようにして下さい。

非通知の電話に出れなかったときの対処方法

企業が非通知で電話をかけてくること理由がおわかりになりましたでしょうか。非通知の電話は折返しができません。就活中はいつも以上に電話の着信に気を配っておく必要があります。

 

ただ、こまめに気にしてたとしても、電話に出れなかったということもありますよね。授業を受けていたり、移動中だったりすると、電話に出れないのも止む終えないでしょう。

 

非通知の電話には出ない人もいるのではないでしょうか。企業側から見て、一度非通知の電話に出なかったからといってあなたの印象が悪くなることはありません。

 

その後、うまく対応すれば大丈夫です。電話に出れなくても焦らず、企業からの折り返しを待つのか、どの企業からの連絡だったのか絞り込んでから掛け直した方がよいのか冷静な判断をしてから対応して下さい。

 

ここでは非通知の電話番号に出れなかった時どう対応したらいいのか、対応の仕方をお教えします。

非通知拒否は解除しておく

対処方法以前の問題になりますが、お持ちの携帯電話の設定は把握してますでしょうか。普段であればあまり携帯の設定について詳しく把握してなくても支障はありませんが、就活中は一度確認しておいたほうがよいでしょう。

 

もしかしたら初期設定で「非通知電話を拒否する」になっている可能性もあります。もしそうなっていたら、企業側も連絡したくても連絡ができないという状況になります。

 

せっかく選考が通過したお知らせだったかもしれないのに、連絡が取れないがために、不採用になってしまったら自らチャンスを潰すことになります。

 

非通知設定の解除は一瞬で終わる作業です。そのような事態にならないように、早めに非通知設定の確認、解除はしておきましょう。

留守番電話の設定をしておく

留守番電話を設定しておけば、企業側は留守電にメッセージを入れることができます。就活生もいつでも電話に出れるわけではありませんので、留守番電話を設定しておけば自分自身も安心できるのではないでしょうか。

 

メッセージでは、後から企業側から折返し電話をかけてくれるパターンもあります。必ず留守電を聞いてから折り返し電話をすればよいのか判断しましょう。

 

もし留守番電話の応答アナウンスの内容を自分で設定できるのであれば、自分の名前を名乗るように変更すると相手にとって親切です。

 

電話の着信同様、留守電も入っていないかいつも以上に気にかけましょう。

メールをチェックする

非通知の電話に出られなかったときは、その企業からメールが来ている可能性があります。非通知で電話をしているのであれば、折り返しができないことは企業もわかっています。

 

電話に出れなかったのであれば、きっと別の方法で連絡をしてくるでしょう。可能性として1番に多いのはメール連絡になりますので、必ずメールもチェックしてみて下さい。

選考中の企業から連絡がきそうな企業に問い合わせをしてみる

留守番電話にもメールにも連絡が入っていないという場合は、こちらから連絡してみるという方法もあります。

 

事前に企業から電話で連絡をすることが伝えられていたり、最近選考を受けた企業が数社しかないのであればそこからの連絡の可能性が高いです。

 

その企業の代表の電話番号を探し、連絡してみて下さい。電話をかける際は相手に失礼のないように注意が必要です。

非通知への確認電話をかけるトークスクリプト

 『お忙しい時間帯に申し訳ありません。

【大学名・氏名】と申します。

  • 時●分に非通知のお電話を頂戴しておりましたので、御社からのお電話であったのか

確認でご連絡させて頂きました。新卒採用の担当者様はいらっしゃいますでしょうか。』

 

電話をかけるときは電話をもらった時間を最初に伝え、その企業からの電話であったのであれば電話に出られなかったことを謝罪しましょう。非通知は番号がわかりません。

 

誤って、電話を掛けてない企業に連絡をしてしまうこともあるかもしれません。上記のトークスクリプトのように言葉遣いには十分に気をつけて下さい。その他にもかける時間帯に注意し、朝やお昼時は避けましょう。

 

選考企業が多数ありどこからかかってきたのか絞り込めないという場合は、連絡を控えまたかかってくるの待つほうがよいでしょう。

 

安易に連絡し、企業に手間を取らせてしまってはいけませんし、どこの番号か調べるのに時間がかかってしまっては時間が勿体無いので、そういった場合は効率も考えて電話するのはやめましょう。

就活中は非通知電話にも積極的に取るように!

いかがでしたでしょうか。知らない番号から電話がかかってくるだけでも不審に感じるのに、非通知だと尚更電話にでるのが怖いと感じてしまうかもしれません。しかし、就活中であれば、企業からの連絡の場合も大いにあります。

 

内定に関わってくる大事な連絡かもしれません。内定が出るまでは電話にでるようにして下さい。電話でいきなり怒られたり、何かを強要してくることななどありえません。

 

電話のやり取りにに慣れてきたら、非通知を怖いと感じなくなるはずです。内定のチャンスを自ら潰さないためにも、就活期間中は形態の着信には注意し、積極的に電話にでるようにして下さいね。

エンカレッジイベント