就活にやる気が出ないあなたが、モチベーションを上げる3つの方法

 

就活にやる気が出ないあなたへ

ずっと前向きに就活に挑めたらいいですが、モチベーションを保つことは難しいこと。

 

やる気が出ないと就活に遅れが出てしまいます。

 

就活をうまく進めるためにもやる気が出ない原因は何か、またやる気を出す方法を考えていきましょう。

エンカレッジイベントバナー

就活をしなかったらどうなる?

「就活するメリットが分からない」「新卒入社でなくても働き口はたくさんあるし、無理して就活を頑張る必要はない」という考えからやる気が出ないという人もいるでしょう。

 

では、就活をしないで卒業するとどういったことが起こるでしょうか。新卒とは、未経験でも特に条件がなしでどの企業にでも入ることができるチャンスがあります。

 

頑張って就活して就職できれば、充実した研修制度で仕事の進め方を学べるだけでなく、ビジネスマナーなど「社会人として」という部分も1から丁寧に教えてくれます。

 

これが卒業してしまうと一気に中途扱いになります。中途では即戦力となる人材を求められます。

 

ライバルがスキル・経験を持った人になってきますので面接のハードルが一気に上がります。

 

新卒しか受け付けていない企業もあったりしますので、受けたかった企業が採用をしていなかったというケースもでてきます。

 

現在の日本は新卒で入社をした方がメリットがたくさんあります。やる気が出ない理由を「メリットがないから」「働くことはいつでもできるから」と思っている人は正直危機感を持った方がいいでしょう。

 

就活期間には限りがあります。エントリーや筆記試験、WEBテストなどは早めに締め切ってしまうところもあります。

 

秋採用もありますが、こちらはグッと企業数が減ります。気がついたときは周りに差をつけられて不利な状態になっていたとなってしまうと取り戻すのに相当苦労します。

 

早めに行動すれば途中でいくらでも修正がききます。

 

新卒の就活は人生で1度きりしかないので、やる気が出ない場合でも、まずはスーツを買いに行く、就活サイトにエントリーしてみるなど、簡単なことから始めてみましょう。

それでも就活にやる気が出ない…

頭では分かっていても、やっぱりやる気が出ない。周りの人が計画的に就活の準備を進めていたり、うまく選考に進んでいたりするのをみて焦りは募ってくるけど、気持ちがモヤモヤしてうまく行動に移せない。

 

そんなときは何がそうさせているのか原因が分かればうまく前に進めるかもしれません。

 

やらなくちゃいけないのに進むことができない人はまずは原因を考え解消していきましょう。

 

やりたいことがわからない

やりたい仕事もないし、どの企業に就職したいのかがわからない。そうなってしまうとなかなかやる気がでないですよね。

 

まずは、合同説明会、業界説明会などに参加してみてはいかがでしょうか。合同説明会などは大きな会場にたくさんの企業が集まるので、一気にいろんな企業が見れます。

 

イベント感覚で友達と一緒に行ってみるのもいいかもしれません。そこでたくさん企業のブースを回って、様々な企業の採用担当者の話を聞いてみましょう。

 

合同説明会や業界説明会にも気分が乗らないという人は、先輩に会って話しを聞いてみてはどうでしょうか。実際の社会人生活の話しだけでなく、自身の失敗も踏まえたよりリアルな就活方法のアドバイスを貰えるかもしれません。

 

それでもやりたいことが見つからなかった人は、何ができたらやりがいを感じるのか、どんな働き方がしたいのかを考えてみましょう。

 

旅行をしたり、趣味に没頭したりと、やりたいことやほしいものを手に入れるために仕事をするという人もたくさんいます。

 

また仲間と仕事を進めるのが楽しそう、職場の雰囲気がいいなど、一緒に働く人重視で仕事をしている人もいます。

 

必ずしも、仕事内容、業界だけを見て働いているというわけではありません。

 

絶対にやりたいことを見つけないと就活ができないというわけはないので安心して下さいね。

 

自分の譲れないものは何か、モチベーションが上がることは何かを考え、当てはまる企業を探してみましょう。

 

やることが多くパンク状態

やることが多いと感じている人は、現状を把握できていない人がほとんです。まずは優先順位をつけて何をやるべきか可視化しましょう。

 

就活ではエントリーシートの提出やWEBテストの受験など同じ時期に期限がかぶってくることが多くあります。再度スケジュールを見直し、しっかり管理していきましょう。

 

就活が行き詰まっている

就活スタート時に自己分析や書類選考、面接などでつまずき、それがトラウマになって前に進めないという人もいるのではないでしょうか。

 

そんな方は、まずはなんでもいいので1つ行動に変えていきましょう。動くことで再びやる気が出てくることもあります。

 

例えばグループディスカッションや集団面接などでは実際に他の就活生がどう受け答えをしているのか様子がわかります。

 

そこで、どんな表情でどんなトーンで、またどう切り替えして話をしているのか、自分で印象がいいなと思ったことは盗んでいきましょう。

 

また、他の就活生をみて「これは面接時に気をつけたいな」というようなこともあると思います。

 

グループディスカッションや集団面接では客観的に他人を見ることができますので、探る目的も持ちつつ参加してみるのもいいかも知れません。

 

企業説明会の後にグループワークやディスカッションを行うところもあるので、そういったところを見つければ比較的簡単なステップで参加することができますよ。

 

また内定をもらった友人に書類の書き方や面接の仕方などのアドバイスをもらったり、大学には就職案内センターがあるです。

 

そこでアドバイスをもらったり、履歴書の添削をしてもらったりすると気持ちも切り替わるかもしれません。

 

やりたいことが頭から離れない

もっと研究がしたい、海外に留学がしたい、趣味を極めたい。そんな思いがあってどうしても就職するということに気持ちが向かないという人もいます。

 

そんな場合は、それを行った先に何を実現させたいのか、また就職しないという選択しかそのやりたいことができないのかを考えましょう。

 

例えば、英語を上達させたいから留学したいという思いがあったとしましょう。英語を上達させてからどうしたいのでしょうか。

 

「今の時代英語が必要だから」という気持ちで留学したいのであれば考え直したほうがいいです。

 

英語がしゃべれた方が可能性は広がるかも知れませんが、「●●がしたいから英語が必要」などの目的がないと、日本に戻ってきてから就活をしても採用に至るまでの道のりは長く苦労するでしょう。

 

また英語を上達させるのに留学という方法しかないのでしょうか。どうしても、今やらないといけない、その方法しかないというのであれば就職しないという選択をしてもいいと思います。

 

ですが、本当にそれしかないのかもうちょっと視野を広げて考えてみて下さい。英語は留学しなくても学べますし、今ならオンラインで海外の人とも簡単に繋がります。

 

また、働いてお金を貯めてから留学することを考えてもいいと思います。「英語が好き」というのであれば、旅行でもいいのではないでしょうか。

 

このように、働きながら同時にできないのか、就職をしないという選択肢以外に方法がないのか今一度検討していって下さい。

途中で心が折れてやる気がなくなったら

就活を初めたばかりの頃は、前向きに説明会に参加し、エントリーもいくつもして、友達よりも早く始めてと、やる気に満ち溢れ頑張っていた人もいるはず。

 

ただ就活が長期化してくると、だんだんやる気がなくなってくる就活生もでてきます。例えば、

・真剣にやっているのにうまく進まない

・第一志望に落ちてしまいショックから立ち直れない

・面接でいつもつまずいてしまい自信がなくなってしまった

・毎日就活というスケジュールに疲弊してしまった

 

など、頑張りに対して結果が出ないとどんどんやる気がなくなってしまいますよね。

 

いつ就活が終わるのかゴールが見えず、何がだめだったのかがわからず、周りが内定をもらい始めるとやりきれない気持ちになる人も多いでしょう。

 

やる気がなくなるとネガティブ思考になり自分自身を否定してしまいがちです。自分に否があるわけではないのでそこまで追い詰める必要はありません。

 

完全にやる気がなくなってしまう前に、気持ちの切り替えができるようにしましょう。

就活にやる気を出す方法

やる気が出ないときは、自分なりにやる気が出る方法を知っておくことが大切です。どうしたらやる気が出るのかいくつか上げてみますのでやる気UPの参考にしてみて下さい。

▼就活が終わった後にやりたいことを考えてみる

就活後のご褒美を考えてみてはいかがでしょうか。「卒業旅行で海外に行く」「思いっきり趣味に没頭する」など「終わったら●●する」というような楽しいことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

「この時期に海外行きたい「この日のライブに行きたい」など期限付きの楽しみを決めると、よりそこに向かってやる気も出ると思います。

 

▼人に宣言する

口に出して宣言するというのも大切です。友達や家族に「○月○日までに内定を採って就活を終了させる!」というと、自分を追い込むことができやる気もでてくるはずです。

 

一人だと頑張れない就活でも、宣言することで、家族のサポートや友達同士励まし合って前に進むこともできますよ。

 

▼就活しない日を作る

思い切って就活をしない日を作るというのもやる気を引き出すのに効果的です。

 

「日曜日は何もしない日にする」「この期間まで頑張ったら日帰り旅行に行ってリフレッシュする」など気分転換する日を作るのも大切です。

 

やる気が出ないままズルズルと就活をやっていくと効率も悪くなります。何も考えないで頭の中を空っぽにすることも大事です。うまくいかないなと思ったら一回リセットしてみましょう。

 

なかなかやる気を出せといっても出せないものです。ただ、なにもしないと状況は変わりません。

 

状況を打開するためには何かしら行動するしかないでしょう。友達と愚痴を言ったり、美味しいものを食べたり、カラオケに行ったりと就活に関係ないことでも構いません。

 

気持ちを切り替えるきっかけを作り、またやる気を出して、納得のいく内定を掴んで下さいね。

エンカレッジイベントバナー