【短所はなぜ聞かれる?】就活で聞かれることを徹底解説

 

就活で聞かれる短所を徹底解説

面接中に聞かれることの多い、自分の強み。

 

強みだけではなく、弱みや短所を聞く企業もあるようです。

 

企業が就活生に短所を聞く理由や、短所について考えるときと、話すときのポイントなどをまとめました。

企業はどんな理由で短所を聞いてくるのか

就活で聞かれることのある、あなたの短所ですが、企業は、この短所を聞くことによって、何を判断しているのでしょうか。まずは、短所を聞く理由から説明します。

 

もちろん、企業ごとに狙いは異なりますが、大きくは以下の2つになります。

 

・短所から、自社にふさわしくない人材を見極めるため
・自分の短所をきちんと分析できているかを見極めるため

 

それでは、上記二つのポイントを解説していきます。

 

【短所から、自社にふさわしくない人材を見極めるため】
企業は採用活動において、自社で活躍する人材を見極めています。

 

もちろん企業は入社後の活躍が見込めるから、採用をしますが。一方で、丹生差後の活躍が見込めなければ採用しません。

 

後者の場合には、特に短所から判断することが多いです。

 

例えば、チームで行動するのが苦手という場合には、部署をまたいでの実務が求められる場合には、入社はふさわしくありません。

 

また自分で考えて行動するのが苦手な場合には、教育に多くの時間をかけられない企業にとってふさわしくない人材だと見なされることが多いです。

 

採用担当者の方も、1人の人間なので、『この学生とは一緒に働きたいな!』とか、『この学生とは一緒に働きたくないな…』と思うのが普通。

 

後者のように思われてしまうと、基本的には採用されないはず。

 

実務上で大きな負の影響をもたらす短所の場合には、基本的には採用には繋がらないです。

 

【自分の短所をきちんと分析できているかを見極めるため】
就職して仕事に就くと、日々業務を振り返り、施策を改善していきながら、与えられたミッションを達成することが求められます。

 

その際には、自分ができたこと、できなかったことを客観的に振り返る。

 

目標を達成している場合には振り返りから成功要因を明らかにして継続することを、達成していない場合には、振り返りから失敗要因を明らかにして修正することがとても重要です。

 

就職活動においても、強みはもちろん、弱みを客観的に捉えられているかどうかで、振り返り・分析を行う力があるかを見られています。

実はこんな聞き方も 企業が短所について聞いている質問

企業の採用担当者が短所を知ろうとした際、学生に対して『あなたの、短所は何ですか?』とストレートに聞くことは少ないです。

 

具体的には、以下のような聞き方をする場合もあります。

 

『これまで人生においての失敗経験を教えてください』
『逃げ出したことを教えてください』
『人生で挫折した経験を教えてください』

 

短所を直接聞いているわけではないのですが、これは深掘りしていくと短所に繋がる質問です。

 

この質問から、なぜ失敗したのかや逃げ出してしまった理由、挫折した理由を深掘りするのです。

 

さらに、面接時間を長くとってくれる、ベンチャー企業の場合には、上記のような聞き方でもなく、単に経験を聞いている中から弱みを見つける場合もあります。

 

面接の時間が長いことで事前に準備していた内容以外にも、話すことになるので。

自己分析のときに、長所と合わせて短所を振り返ろう

自己分析をする際に、自分の強みは誰でも考えるもの。

 

ただし短所をしっかり考える学生は多くないと思います。

 

選考対策としても、自分の長所を明らかにする際、同時に短所も振り返えるべきです。

 

学生が平均して選考を受ける企業数は、約30社と言われています。インターンなども含めると、この1.5~2倍の企業数になるでしょう。

 

それほど選考を受けていると、学生時代に頑張ったことや、自己PRなどの長所に加えて、短所や弱みを質問される機会が必ずあります。

 

では、どうやって自分の短所を考えるべきでしょうか?

 

結論、短所を考えるときの方法として、大きく以下の3つがあります。

 

1.長所を元にして、短所を考える
2.これまでの失敗経験や、挫折経験から短所を考える
3.自分のことをよく知っている人に聞いてみる

 

1.長所を元にして、短所を考える

自己分析をしていると自分の長所を考える経験をするかと思いますが、長所の裏返しが短所になることがあります。

 

例えば、長所として『とにかく、まず行動できる行動力』がある場合には、逆に短所として、『事前によく検討して、計画的にものごとを進めるのが苦手』とも言えますよね。

 

もちろん考えた状態で行動力がある方もいるかもしれません。ですが計画性と行動力は一般的には、両立が難しいことなので強みの裏返しになる

 

他にも、長所として『頼まれたことに対して、工夫をするのが得意』がある場合には、『自発的に行動することが苦手』とも言えますね。

 

このように、長所を元にして裏返しが短所になることもあると知っていると、短所を考えることが比較的楽になりますね。

 

2.これまでの失敗経験や、挫折経験から短所を考える

自分がこれまでに失敗した経験や、挫折したときの経験においては、失敗や挫折に何らかの原因があると思います。もちろん、個人的な原因以外の外部要因がある場合も多いですが、少なくとも何かしら、自分に原因があるはずです。

 

その原因となっていたものが何なのかを明確にすることで、自分の短所を理解することができる可能性があります。

 

3.自分のことをよく知っている人に聞いてみる

やっぱり、自分の短所を自分で見つけるのは難しいという方もいると思います。そんなときには、自分のことをよく知っている人に話を聞いてみるのも、1つの方法です。

 

例えば、親や、大学時代の友人。もっと前から繋がりのある友人でもいいかもしれませんね。

 

実は、この他の人に聞いて見る方法は、既に短所を整理できている方にもとても有効です。

 

ジョハリの窓というキーワードを聞いたことがあるでしょうか?
ジョハリの窓とは、自分の中に以下の4つの自分があるとする考え方です。

 

1.自分に分かっていて、他人も分かっている自分
2.自分には分かっていて、他人には分かっていない自分
3.他人には分かっていて、自分には分かっていない自分
4.自分にも他人にも分かっていない自分

 

3のように、自分では気づいていない短所を、よく知っている人であれば理解してくれているかもしれません。

 

もちろん、短所だけではなく自分が知らない長所も理解してくれているので合わせて聞いてみると、より深い自己分析ができるようになりますね。

短所も伝え方が重要 どんな風に伝えればいいのか

最初に、なぜ採用活動において、企業が就活生に短所を聞く理由は、以下の2つだと説明しました。

 

・短所から、自社にふさわしくない人材を見極めるため
・自分の短所をきちんと分析できているかを見極めるため

 

いずれの場合であっても、短所の伝え方がとても重要です。

 

伝え方次第で面接官の心象は大きく変わるのです。

 

例えば、同じ短所でも以下の2人のような伝え方をした場合には、どんな風に感じますか?

 

Aさん
『私の短所は、あまりものごとを深く考えずに、行動してしまうことです。』

 

Bさん

『私の短所は、あまりものごとを深く考えずに、行動してしまうことです。行動的だとも言えるのですが、チームで何かを進めるとき状況では、短所になることが多いとサークルでの活動を通して感じています。』

 

多くの方は、Bさんの方が優秀な学生だと感じるのではないでしょうか。

 

どうしてそれが弱みだと思うのか、具体的なエピソードも含めて語られているので、ただ単に短所を伝える場合と比較すると、しっかりと考えている印象を受けますよね。

 

さらに、その短所は強みになることはないのか、ないとすれば改善が必要なのか、改善が必要だとするとどのように改善するのかなどまで考えられていると、とても良いですよね。

 

ただ、伝え方を工夫したところであまり意味がない短所もあります。

 

・諦めが早い
・協調性が無い

 

このような人が、あまりビジネスで活躍するようには見えないでしょう。

 

どんな人が、ビジネスパーソンとして活躍できそうなのかを、きちんと客観的に理解できていれば、上記のような短所にならないようにセルフチェックすることができそうですよね。

 

活躍している社会人に会うなかで、自分なりに活躍するビジネスパーソンの像が明確になると思います。

 

それでは就活を追えた学生に対して、短所についてインタビューを行いました。

 

次からはインタビューの内容を詳しくお伝えしていきます。

就活初期には、短所を準備していなかった

【関東国立大学 林原さん(仮名)】

-本日は、よろしくお願いいたします。

 

林原さん(仮名、以下林原):よろしくお願いいたします。

 

林原さんは、以下のインタビューにも出ていただいています。

 

『就活の軸?考える目的と就活生に聞いた具体例をまとめました』

 

-林原さんは、不動産領域のベンチャー企業に就職されると思いますが、面接の時にはどんなことを聞かれていましたか?

 

林原:いや、あんまり変わった質問はなかったですね。大学時代に頑張ったことであったり、自己PR、就活の軸などです。選考フロー自体が結構、時間をかけて判断してくれるものだったので、いろんなことを話しましたが。

 

-ちなみに、今回は就活で聞かれる短所について解説した記事を書くのですが、短所について聞かれた経験ってありますか?

 

林原:直接、短所について聞かれた経験はないですが、短所につながる質問をされたことはありますね。

 

これまでに失敗経験を聞かれたのですが、失敗した理由まで深掘りされたので、結果的に短所について話すことになったケースです。

 

あとは自分の経験を話している中で、『それはすぐに逃げ出してしまうということじゃないの?』的なことを言われたことがありましたね。

 

僕自身は、大学生時代に長期インターンをやっていたり、大学祭の実行委員をやっていたり、NPO団体に関わっていたりと、結構いろんなことをやっていたのですが、そのことを話していたら、上記のように言われて。

 

確かに、1つのことをやりきったと思うようなことがなかったとは思いますね。

 

ただ、その時は、あまり『すぐに逃げ出す』と捉えていなかったので、『うーん、そうなのかな。』と思っていましたが。(笑)

 

-就活を始める段階から短所については準備していたのですか?

 

林原:いや、就活を始めた最初のころは準備していませんでしたね。

 

よく面接で聞かれる、就活の軸や、頑張ったことなどは自己分析を通じて明確にしていたのですが。

 

短所について考える必要があるという理解がそもそもなかったので、考えていなかったですね。

 

-どのタイミングで短所について整理したのですか?

 

林原:1回目に就活をしていたときの、サマーインターンですかね。

 

結構、長い時間をとって面接をしてくれるところだったのですが、
それが自己分析を深掘りしてもらうような時間で。

 

その時に、僕の長所と合わせて、短所も考えようとしてくれていたので、『あー、ちゃんと自分でも整理した方がいいな』と思いました。

 

-なるほど、面接のときに、やった方がいいと感じたのですね。ちなみに、面接で短所を話すときに、意識していたことはありますか?

 

林原:ありますね。ただ単に短所を伝えるだけではなく、どうして短所だと認識したのかと、それが短所として出てしまったときの具体例を話すようにしていました。

 

長所についても、具体的なエピソードがあると企業の担当者にきちんと伝わりますよね。短所もそれと同じだと思います。

 

別に短所だからといって隠す必要はなくて、きちんと自分の言葉で短所について理解していることが重要です。

 

もちろん、その短所が企業文化と全く相入れないものであれば選考通過できないのですが、無理に入社してもいいことはないと思います。そもそも、相性が悪いはずなので。

短所には2つのパターンがある

-短所を話す中で、これは失敗したな的な経験はあります?

 

林原:ありますね。やっぱりありのままの短所を伝えていい場合と、そうではない場合の2つがあると思います。

 

捉え方次第で、強みにもなるものであったり、短所を改善する余地があれば、ありのまま伝えても良い気と思います。

 

長所の裏返しが短所だったりもするので、当然、短所の裏返しが長所になることもあるはずです。

 

その場合には、短所の裏返しが長所になることを意識したうえで話すのがいいと思います。

 

また、短所の改善が見込まれるような状況であれば、とても良いと思います。

 

例えば、短所として計画性のなさを自覚している場合であっても、今後、何かの団体などで計画を作って、実行している立場になるのであれば、少しは改善できそうですよね。

 

もちろん、短所は無くならないと思いますし、すぐに改善が出来るわけではないと思いますが、しっかりと短所の改善策を考えられていることや、実際に改善するための行動を取っていることはとても重要なことだと思います。

 

きちんと、自分を客観的に分析していて、さらに分析に基づいて、行動ができるということを表しているので。

自分の短所を、客観的に聞いてもらうことが重要

-逆に、ありのまま伝えてはいけない短所はどういった短所でしょうか?

 

林原やっぱり、どうしても短所だよなというのがあるのも事実だと思います。

 

例えば、集団面接の際に『チームで、何か1つのことに取り組むのが苦手です。』と言っている学生と一緒になったことがあったのですが、『さすがに、それは…。』と思いましたね。

 

多分、これはたまたま分かりやすい例に、遭遇しただけだと思います。ですが会社で働くというのは、チームとしてものごとに取り組み、成果を出していくことなはずなので、一緒に仕事をしたいとは思わないですよね。

 

もちろん、個人として何かを成し遂げた経験から話したのだとは思いますが。

 

これから就活をする学生には、自分の短所を整理したあとに、その短所を伝えたときに、人からどう思われるのかを確かめてみることをおすすめします。

 

-確かに、そうですね。就活生のみなさんには、ぜひ林原さんのお話を参考にしてほしいですね。ありがとうございました。