就活における滑り止めって?本命企業だけでなく滑り止め企業も考えよう

 

一発で第一志望の企業に合格することが就活の理想。でもなかなかそうはいきません。 就活に慣れるためにも第一志望の企業だけでなく、滑り止め企業を受ける人も多いのではないでしょうか。 効率的に就活が進むよう、滑り止め企業について考えてみましょう!

 

 

エンカレッジイベントバナー

 

就活における滑り止めとは?

まず滑り止め企業とは、どういうことでしょうか。

 

その言葉の通りで言えば「本命企業に内定をもらえなかったときに行く企業」ということですが、就活生が滑り止め企業を受ける理由には様々あります。

 

本命企業を受ける前に同業界の企業を受け実践練習をするのが目的の就活生もいれば、とにかく就活浪人をしないため、内定の数を増やしたいことが目的の就活生もいます。

 

「実践練習に」と考えているのであれば、目的がしっかりとしてますが、「内定がほしいから」という理由で手当たり次第に就活を続けると、なかなか滑り止めの企業が受からずモチベーションが下がってしまうことも。

 

滑り止めだからと言って企業研究、業界研究が疎かになってしまうと、内定が取れるはずがありません。

 

本命の企業と同じ様に、しっかり対策をして臨む必要があります。

 

また、就活が終わって滑り止めの企業に就職という結果になったとき、入社後「思っていたのと全然違った」とすぐに退職してしまうというケースもあります。

 

滑り止めの企業を受けるとしても、本命に近い企業を選び、どんな結果になっても納得できるよう企業を選んでいって下さい。

滑り止め企業の選び方は?

いざ就活が始まりエントリーしていこうと思っても「滑り止めの企業が見つからない」「志望する企業が少ない」という悩みにぶつかる人もいます。

 

内定の確率を上げるためには、ある程度エントリー数を増やす必要があることも事実です。

 

滑り止めだからと言って就活でやってしまいがちなのが「待遇面がいい」「大手で名が知られている」「ここなら内定がもらえそう」などと言った待遇面や大手のブランド名、選考条件だけで探してしまうことです。

 

これだけで探してしまうと、志望動機がうまくまとまらず、内容の薄さがエントリーシートの時点で現れてしまいます。

 

こうなると面接に辿り着く前に落とされてしまうことが多いです。あくまでも「本命が受からなかったときのための滑り止め」です。本命の企業を軸に考えていって下さい。

 

本命の企業が決まっているのであれば、まずは同じ業界の競合企業からエントリーしていきましょう。業界が一緒であれば志望動機も説得力を持って伝えることができます。

 

また、競合企業から情報収集もできますし、本命の企業について、業界の立ち位置などより深く理解することもできます。

 

本命の企業と同じ気持ちで就活を進めることができれば、その姿勢は採用担当者にも好印象を与えることができますし、自分自身も前向きな気持ちで取り組むことができるでしょう。

 

本命の企業がまだ決まってないけど気になる業界がいくつかあるという人も当然いると思います。

 

そういう方は無理に1つ絞らず、複数の業界を受けていってOKです。ただ、なぜそれらの業界が気になるのか共通点を見つけておくといいかもしれません。

 

気になる業界というだけで手当たり次第で滑り止め企業を受けていくよりかは、その共通点に沿って滑り止め企業を受けていくほうがスムーズに就活が進みます。

 

本命の企業も興味のある業界も決めきれない方は、職種で企業を探してみるのも一つの方法です。

 

ですが「事務希望だけど、待遇が良かったから思い切って営業を受けてみた」というような選び方は危険です。

 

事務と営業では仕事内容が全く違いますし、仕事に対する志向もそれぞれ違います。

 

いざ、本命が不採用で滑り止めの企業から内定をもらったら、入社後あまり深く考えてなかった営業という仕事が自分自身を苦しめてしまうでしょう。

 

そうならないためにも、職種で絞って滑り止め企業を選ぶのもいいかもしれません。職種で絞り込めばエントリー数の数も広がりますよ。

滑り止め企業はいつから受ける?

滑り止めの企業がある程度決まってきたら本命の企業を受ける前にどんどんプレエントリーをしていきましょう。

 

就活は始まるとあっと言う間です。選考はだいたい同じ時期にかぶってきますので、どんどんエントリーをしていき、各企業の選考スケジュールを早めに把握しておきましょう。

 

大学の就職センターなどでプレエントリーについての説明もあるかと思いますが、毎年時期を間違えてプレエントリーを逃してしまったという就活生がいます。

 

プレエントリーは経団連に基づき開始する企業と、特に経団連の縛りがなく開始できる企業というのが存在します。

 

くれぐれも「見逃してしまった」または「スケジュールがかぶって本命を受けるのを逃してしまった」ということがないようにしましょう。

 

手帳やアプリなどスケジュールを把握するのに便利なツールはたくさんあります。ひと目でみてわかるもの、自分の使いやすい方法など就活がうまくいくようにスケジュール管理も身につけるといいでしょう。

 

就活をしていくと、何社滑り止めを受けたらいいのかという疑問も出てくるかと思います。

 

明確な数字で何社というのは難しいですが、多ければ多いほどいいというわけでもないですし、エントリーしたからと言って全て選考が進むわけでもありません。

 

応募する数にはあまり固執せず、自分のペースと本命から内定をもらえるためのコツを掴むことを前提に受けていきましょう。

滑り止め企業の選考が進んだら?

第一志望ではなくてもどんどん選考が進んでいくこともあります。いよいよ次は面接という状況になることも。

 

ただ、ふと「第一志望ではないけどどうしたらいいのか」と戸惑う人もいるのではないでしょうか。

 

面接では応募した企業が第一志望かどうかを聞かれることもあります。

 

どのように答えたらいいのかわからず、とっさに「一応」や「今のところは」などと口を滑らせるとマイナスな印象を与えてしまいます。

 

また、中には正直に受け答えをしてしまう人もいます。

 

「現在3社選考しておりますので検討したいと思っております」「御社は第一志望群です」などの答え方ですが、正直企業側かするとあまり気持ちのいいものではありません。

 

ここでは建前として「第一志望です」と伝えましょう。

 

企業側の担当者も、学生が就活で複数の企業を受けていることは知っているはずです。その上で、志望度の高い熱意のある学生を採用したいと思っていますので、ここは第一志望であることを伝えるのがベストでしょう。

 

はっきりと言い切ってしまうのが、相手に熱意も伝わりやすいです。「内定辞退ができないのでは」という不安に思う方もいますが、マナーをしっかり守り誠意を持って対応すれば大丈夫です。

 

辞退を希望する場合は、採用担当にすぐに連絡し、「当初第一志望で考えておりましたが、自分の適性など改めて熟考してところ、別の企業に決定しました」と伝えましょう。

 

「断りづらくて、ズルズルいってしまい、結果入社することになってしまった」なんてことが起こったら本末転倒です。

 

しっかり早めに対応をすればよいので安心して選考を受けて下さい。

滑り止め企業から内定が出ない場合

<内定がでない原因を考えてみる>

就活中、滑り止めの企業の選考を真剣に取り組んでいても全然内定がでないという状況も出てくるかもしれません。

 

日々不採用通知が届くとショックも大きく本命どころではなくなります。

 

就活する意欲すらなくなってしまったら、また就活を始めるのに時間がかかってしまうでしょう。

 

そんなときは何がだめだったのか、一度立ち止まって振り返ってみましょう。本命に受かるために滑り止めを受けているわけですから、だめだったことも本命に繋がる改善点と捉えましょう。

 

<落ちても気にしすぎない>

モチベーションが下がっていると「自分なんて」と自身の性格を否定してしまいがちです。

 

本命の企業にエントリーするのですら萎縮してしまいそうですが、自分自身に否があるのではなく、伝え方や企業研究などの準備不足が原因であることがほとんどです。

 

改めて自分の行動を見直してみて下さい。また、滑り止めの企業には申し訳ないですが、どこが反応が良かったのかを冷静に見極め、本命に活かすぐらいの気持ちでいて下さい。

 

質問のしかたや「あえてこう答えたらどういう反応、評価になるのか」などいろいろ試してみて下さい。

 

たとえここで反応が悪く、落とされてしまっても「このパターンはだめだったか」というぐらいに思っておきましょう。

 

あまり自分を追い詰め過ぎないようにして、気持ちを切り替えて前に進んでいきましょう。

 

<粘って内定のチャンスを再度もらう>

選考におちてしまったとしても再度機会を作ってもらい、内定をゲットしたツワモノも過去の就活生の中にはいます。

 

企業側も通常、内定辞退を見越して多めに内定を出しますが、予想より多く内定辞退が出てしまう場合もあります。

 

企業もやりたいことがはっきりとしていて入社したいという熱意のある就活生に内定を上げたいと思っているはずです。

 

内定がもらえなくても、どうしても入社したい旨を手紙やメールで採用担当者にアピールしてみたら、再度チャンスをくれたというケースもなくはありません。

 

滑り止めの企業でも本命に近いのであれば再度粘って機会を作ってもらうということも試しにやってみたらいかがでしょうか。

 

<自分に合わない可能性も。方向性から再度考え直してみる>

滑り止め企業が受からず、原因を見直し、再度対策して挑んでも内定がもらえない…。

 

そんなときは就職しようと思っている業界や職種がもしかしたら合ってないということも考えられなくはありません。

 

「自分がやりたい仕事」と「自分の能力が発揮できる仕事」はまた違います。もっと自分自身を客観的に見直してみて下さい。

 

自分で客観的にみるのは難しいので、ネットで適正検査を改めて試してみたり、友人や先輩、家族に自分はどういう人か再度聞いてみたりしてみて下さい。

 

ただなんとなくうまくいかないから方向転換してみるというのは危険ですが、検証して上での方向転換は一つの手ではあります。

 

なかなか思うように進まず中途半端になってしまうのであれば、思い切って方向転換も考えてみましょう。

 

就活では慣れが必要な部分もあります。うまく滑り止めの企業を受けながら、納得のいく内定をもらって下さいね。

 

エンカレッジイベントバナー