『絶対に自分では気づかないことに気づけた!OB/OG訪問の重要性』(総合商社内定)

 

就活において、多くの人が行なっているOB/OG訪問。 大手総合商社から次々と内定を勝ち取った彼女が語る、海を渡ってまで行なったOB/OG訪問の重要性とは!

エンカレッジでOB/OG訪問ができる

大規模イベントはこちら

・就活を始めようと思ったきっかけを教えてください

 

自分は理系学生だったので、そんなに就活を意識していたわけではありません。

ですが、お正月に家に帰った時に印象的な出来事があって。それで就活しようと思いましたね。

自分の家は片親なのですが、祖父母が働いてくれていて。お正月でも仕事に行っている祖父母を見たときに、この人達のお金で院に行っていていいのだろうか?と単純に思いました。就職をして、おじいちゃん、おばあちゃんの生活を楽にしたい。だったら早くから稼げるところに行きたいと思って、商社へ就職することに決めました。結構単純な理由ですよね?(笑)

 

・商社はかなり人気の業界だと思いますが、何か特別な対策はしたのですか?

 

全くしていないですね。ただ、当初は商社のビジネスモデルが本当に分からなかったので、たくさん企業研究をしました。その一環としてOB/OG訪問をして、ある企業が力を入れている事業を見に行くために海を渡って、そこで活躍する社員の方にお伺いしたこともあります。その時はあまり考えていなかったのですが、日本本社で話題になった出来事だったようです。(笑)

 

・OB/OG訪問をして一番よかったことは何でしたか?

 

ビジネスモデルなどの事業理解はもちろん、自分の知識をつけるためにとても役に立ちました。

ただそれ以上に、自分の行きたい業界、企業で活躍する人がどんな考え方を持ってその仕事に取り組んでいるか。一緒に働く人に求めている能力や気持ち、仕事の進め方などを知れたことですかね。

今でも印象に残っているのは、ある総合商社社員の方に言われた『商社が好きとか、商社で働きたいから。そうではなくて、あなたに4億円の価値がある、それ以上の価値を生み出すなら採用する。ただそれだけじゃない?』という言葉がとても印象に残っています。

結果を出す人、出しそうな人が採用されるのだなということを理解した瞬間でした。

それを言われてからは、自分がどんな人間なのか、どうやって価値を発揮できるのかを徹底的に考え、社員の方々に伝えていきましたね。

 

・後輩に向けてメッセージ

 

事業理解であれば、今はたくさんの本が出ているから学べるし、上場していれば決算説明資料や、親切なところでは決算説明会の動画まであるので大学生でも、頑張れば理解できる。それでもそこで働く人、成果を出している人の姿勢などは学ぶことは直接会わないと理解できない。自分がそこで活躍できるか見極めるためにも、ぜひいろんな社員の方に会ってほしいです!

 

エンカレッジでOB/OG訪問ができる

大規模イベントはこちら