マニュアル就活からの脱却!『財務諸表で見る企業分析』

 

企業分析や業界分析は何をしたらいいのか分からない就活生や、一方で四季報や業界地図を眺めるだけになっている就活生も多いはず。今回はそんな就活から脱却し、自分なりの企業分析をしていた社会人の方をインタビューしました。

四季報や業界地図を眺めるだけのマニュアル就活からの脱却

-石田さん(仮名)、本日はよろしくお願いします。

まず、今の仕事内容を教えてください。

 

石田:今は外資系のコンサルティングファームで働いています。実は転職をしていて、最初は日系メーカーに就職しました。

 

日系メーカーでは企画系の部署にいたので、数字を扱うことが多かったですね。

 

-どんな就活をしていたかを教えてください。

 

石田:自分は超大手企業から、ベンチャー企業まで幅広く見ていましたね。

 

就活初期にはやっぱり大手企業から見ていたのですが、少しずつベンチャーも見るようになりました。ウィンターインターンの時点では、ベンチャー企業のインターンに参加したりもしました。

 

-企業分析において、結構ファイナンスを重視していたのですよね?

どうしてファイナンスに注目して、企業分析をしようと考えたのですか?

 

石田:マニュアル的には、四季報を見たり、業界地図を見たりって感じですよね。

 

自分も最初は、マニュアル的な進め方をしていました。ただサマーインターンが終わるくらいのタイミングでマニュアル就活からは脱却しましたね。

 

サマーインターンでは新規事業立案系の内容に取り組みましたが、そこでのマーケット分析がとても濃かった。業界地図に載っているような情報は、市場規模くらいしか使わない。既存企業が出しているIRだったり、決算短信だったりを見て、業界構造を理解していました。

たったこれだけ!財務分析における3つの重要指標

-ファイアンスで企業分析するときにはどんな指標を見ればいいのでしょうか。

 

石田:企業規模や、業界によっても違いますし、何を明らかにしたいのかによっても大きく異なりますね。大きく分けると3つくらいの視点があるでしょうか。

 

①成長性指標

 

②収益性指標

 

③安定性指標

 

-なるほど。順番に聞かせてください。まず、成長性指標については何を見ていたのですか?

 

石田:これは2つの指標ですね。

 

増収率、増益率。

 

単純に言えば、売上が伸びているかと利益が伸びているか。どちらも基本的には前年比で見る数字になります。

 

以下のような就活軸を持っている人にとっては重要な指標だと思います。

 

・若いうちから、権限を持って働きたい。

・上昇志向が強く、早くからチームを持ちたい。

 

ベンチャー企業を見る際にはこの数字を見ておくのがいいと思います。

 

ただし、ベンチャーはリスクが高そうだと思っている学生も多いと思うので、その場合には安定性指標も合わせて確認しておくと、優良企業が見つかります。

-安定性指標は何を見ればよいのでしょうか?

 

石田:流動性比率、当座比率、自己資本比率の3つですかね。

 

資産には、現預金のように流動性の高いものと、土地、建物など流動性の低いものがあります。

 

これは負債についても同様です。流動性が高い資産は、短期で使うことができます。一方で、負債に関しては直近で返済したりしないといけないと思ってください。この流動性の高い資産と、負債のバランスが悪いと資金繰りが悪化して会社は最悪倒産します。

 

基本的には流動負債に対して120%程度の流動資産があれば問題ないと言われています。

 

150%を超えるような企業は、かなり健全な経営をしていると言えますね。

 

当座比率はもう少し厳しい指標で、流動資産の中から棚卸資産等のものを差し引いたものと流動負債のバランスを見る指標になります。

 

こちらは一般的に100%を超えていれば問題ないと言われていますね。

 

自己資本比率は名前の通りです。会社の資金を返す必要がある負債、いわゆる有志で賄っているのか、株式で賄っているのかを見るための指標です。借金が多いのか、少ないのか分かる。

 

-なるほど、指標をいくつか見ていくと、企業分析が深くできますね。ですがベンチャー企業だとデータとして公開されていなかったりしますよね。

 

石田:そうですね。ただ近い業界はありますよね。競合企業とか。

そこから類推することができると思うのと、とっておきの方法としては登記を取り寄せることもできます。

 

-収益性の指標についてはどうでしょうか。

 

石田:収益性の観点で言えば、以下の指標でしょうか。

 

売上高総利益率、売上高営業利益率、売上高経常利益率。どれも言葉の通りなのですが、まず売上高総利益率は会社のおおよその利益率を把握することができる指標です。基本的にはこれらの比率が高いと利益率が高い会社ですね。

 

-利益率を見るときに気をつけていたことはありますか?

 

石田:業界によって平均的な利益率は違うので、絶対的な指標ではないということですかね。

 

ただ業界のトップ企業同士でも実は利益率に差があったりする。同じ業界同士の企業の比較や、業界同士を比較してみると、ビジネスモデルの理解が少し進むかもしれません。

 

特に最近は利益率の高いベンチャー企業がたくさんあるので、それの企業と、日本の伝統的な企業を比べてみても面白いかもしれません。例えば同じ広告代理店でも、総合広告代理店とネット広告系の企業では利益率が違ってきます。もちろん、総合広告代理店同士でも利益率は結構違うのですが。

 

-数字としては理解できると思いますが、なかなか何に役立つのかイメージが難しいですね。

 

石田:売っているものをどこから仕入れて、どんな価値を付加して売っているのか。これが基本的には利益の源泉になります。なので、利益率を知っているとビジネスの構造が分かると思っています。もちろん全てが分かるわけではないのですが、基本的なビジネス構造は分かると思いますね。

 

-なるほど、確かにそうですね。就活生の方に何かアドバイスはありますか?

 

石田:実はブランドだけで企業を見ていると、危険です。東芝も、少し前まではブランドがとてもあった企業だと思うので。

 

昨年には、就活市場において人気の高い総合商社のトップ企業が創業以来、初めての赤字を計上しました。ビジネスの構造をしっかり見ておかないと、こういった現象がリスクなのかどうか、さらにはどの程度大きなリスクなのかが判断できません。

 

せっかく社会人としての最初の1歩を踏み出すので、マニュアル的な就活だけではなく、自分なりの視点で企業選択をして欲しいと思います。

エンカレッジとは?

2015年卒向けに京都大学にてサービスを開始し、2019年卒は1万6000人の就活生が利用。

各大学の内定者が行う面談を中心に活動。

ES・GD・面接といった充実の選考対策も。

「本質的な就活を通じて、キャリアを作る人」を応援するために北は北海道、南は沖縄まで70の支部を持ち、全国規模で活動しています。

 

【エンカレッジの面談】
就活生1人1人に内定者がメンター(相談役)としてつき、自己分析を通して就活を徹底的にサポート
ES、GD、面接などの選考対策情報の提供
一部上場企業・優良ベンチャーなどのエンカレッジ特別ルート選考会