そのTOEICは今、本当に必要ですか。

 

筆者は就活生の方と話をする中で、「TOEICに逃げているのではないか」と感じる瞬間が多くありました。決して「TOEICを受けるべきではない」ということではありません。しかし、「TOEICを取っておけば安心」という考え方は甘いのかもしれません。

「英語力」はもちろん大切。

大前提として「英語力」は非常に大切です。多くの企業が国際化を進め、日本以外で働く、外国人の方と働くという状況は確実に増えてきています。そのような環境で働く上でTOEICの点数というのは、そこで働くことができるかどうか、ということを判断する上で、わかりやすい指標であり、評価されるべき能力の一つであることに間違いはありません。

ただ、就職活動という期間中にTOEICを受験する時に、特に目的もなく、「英語力って大事だし、ESでTOEICの点数が必要だから勉強しとかないと」くらいの気持ちで勉強するのであればやめておいたほうがよいかもしれません。

 

採用側のゴール設定を考えてみよう。

就活においては、「自己分析」や「企業分析」「面接練習」など、やらなければいけないことは多くあります。

その過程で頭に浮かぶ「TOEICしなきゃ…」という思いは確かにわかります。努力が結果にわかりやすく反映しますし、結果が数値ででるため、成果を把握しやすく、とっかかりやすい魅力的なものに見えます。

しかし、就職という舞台においては自己分析や面接、ESがボロボロであればたとえ、TOEIC900点以上という武器を持っていたとしても使う機会すら与えてもらうことは出来ません。

このギャップには、学生のゴールと採用側のゴールの違いが大きく関係しています。

学生の就活におけるゴールは「内定を受け取る瞬間」であることがほとんどだと思います。多くの人は、「内定獲得後は人生の夏休みとして大学生活を謳歌して4月に向けて期待と不安に胸を膨らませておこう」くらいの感覚を就活中には思いがちです。

これに対して、多くの採用側のゴールは「実際に働き出して企業内での価値を発揮しだすとき」くらいで設定されています。その為、採用側としては英語やエクセルやパワポの技術、業界知識などに関しては、入社時までに身につけてくれればいいと考えています。

極端なことを言えば、現時点でTOEIC500点台でも入社までに頑張って750~900点台まで上げてくるというのならそれでいいのです。大勢の中から差別化され印象に残り選考を突破する際に重要なのは、面接やGDでの存在感や論理的な部分、そして本人のマインドです。

 

内定獲得から入社までの期間の使い方も考える

自分の現状とゴール地点(志望企業の選考開始時)を踏まえて、ゴールから逆算して本当に必要なものから優先順位を定めていってください。

そして、その際に内定獲得~入社までの期間でやるべきことも考えてみてください。内定~入社期間の計画も立てていると、例えば企業側から「TOEIC900点以上求めています。あと200点必要だけど頑張れるか」というような投げかけに対しても、「○月に*点台に乗り、○月には*点台に乗せることが目標なので実現可能です」のように説得力ある形で答えることができるでしょう。

もし自分でゴール型の逆算を考えることが難しければ、先輩がどのようにしているのか、を聞いてみるのも効果的かもしれません。

面接やGD、ESの練習は答えがなく、上達の実感を得にくいため、数値として成果が把握しやすいTOEICなどに流れてしまいがちです。自分のゴールを見定めて、各項目に優先順位をつけ、時間を大切にしながら就活の時期を駆け抜けてください。