【2016年度 北海道支部】俵谷 沙英

 

自分のやりたいことに素直に生きる

--俵谷さんは、就職活動を通じてどのような生き方を大事にしようと考えましたか?

俵谷:一言で表現するならば、「自分に素直に生きる」ということですかね。素直にというのは「自分のやりたいこと」ができる環境を選択していくことだと捉えています。自分の今のやりたいという気持ちに正直に、行動するということを信条にしていますね。

――「自分の気持ちに素直に」ですか。そのように考えるに至ったのは、どうしてなのでしょう?

俵谷:自分の考えに違和感を持ったまま、ある企業に内定をいただいたことがキッカケでした。その企業の面接では、「かっこいいお母さんになりたい」という目標から、逆算してそのためには、お金と人格と子供と触れ合う時間が必要だとふわっとしか考えられていませんでした。そのように中途半端な考えのままで、内定をいただけたことが釈然としませんでした。

――自分の気持ちを説明できないのに、内定をいただいて違和感があったんですね。

俵谷:そうなんです。そして、「かっこいいお母さんになる」ということが本当に自分にとって一番大事なことなのかと悩みました。

もちろん「かっこいい母」になりたいんですけど。結婚して母になるのであれば、そこには様々な変数が存在し、自分の努力だけではどうにもできないことも多いと思ったんです。そもそも「かっこいいお母さんになりたい」と思う自分さえも変わりゆくものなのではないかと。

不確定なことが多すぎる未来で、「自分はこうだ」と決めすぎるのは良くない。これまでの人生でも自分の想いに素直に行動して、「今」を大事にしてきていて、それが自分らしいと思いましたね。

――そこで、やりたいことができる環境を選ぼうとしたわけですね。

俵谷:考え方とか価値観が変わっていくこともあると思うんですけど、その中でも変わらないのは自分の属する組織をさらによくしたいという思いや取り組んでいることをよりよくしたいという想いなんです。その想いを持った時に改善できるだけの権限がないと、その現状を甘んじて受け入れるしかなくて、フラストレーションがかなり溜まるんです。

大学時代に取り組んだカフェのホールのアルバイトでもそうでした。アルバイトという立場もあってか、自分で仕事のやり方を変えることもできずもやもやしながら働きましたし、そのアルバイトは長くは続きませんでした。

 

自分の手で組織・事業を作っていけるところがDonutsの魅力

――内定先のDonutsには俵谷さんの求める環境があるんですね。

俵谷:そうですね。特に大事にしていたのは、先ほども述べたのですが、「裁量と責任を持たせてくれること」ですね。

Donutsでは、何か定式化された仕事を粛々とこなすのではなく、0→1で新しいものを作り出すということを行っているので、自分たちでなんでもできるという自由度に惹かれました。

よくありがちな「新規事業をつくる」と言ってるだけではなく、実際に事業を作り出し、成功させています。しかも、スマホゲームやキュレーションメディア、勤怠管理システムなど事業としては非常に広い領域でサービスを展開しており、事業の作り方に再現性があるところが魅力的でした。

そして、私はDonutsという会社が本当に好きで。社員の方は、型にはまらず個性的で強いこだわりがあり、知的好奇心が強い人が多いところが魅力です。このような人たちが集まるとどのようなアウトプットがだせるのかと単純にワクワクしました。

後輩の背中を押してあげられる存在になりたい

――そんな俵谷さんが残りの大学生活での「やりたいこと」が就職活動の支援であり、エンカレッジだったんですね。エンカレッジを始めようとおもったキッカケはありますか?

俵谷:大きくは2つあって。1つ目は、自信のなかった自分の背中を押してもらったことに感謝していて、後輩にもそれをしてあげたいと思ったからでした。

初めてエンカレッジに出会ったのは、3年生の6月でした。当時の私は自分に自信がありませんでした。自分の尊敬する、姉が就活に苦戦する姿を見て、「あんなに人柄もよく優秀な姉でも苦戦するなら、私はどうなるんだ」と焦燥感に駆られていました。

そんな折、北海道支部の前支部長さんに、私が思っていた将来像を思い切ってぶつけてみたんです。すると「自分で考え、自分に向き合おうとしていて良いと思う。」と言っていただきました。その一言で就活に対する不安が少し和らぎ、頑張って自分に向き合おうと自信になりました。 「背中を押してもらった」という感覚がありました。

この経験で自分が就活にポジティブになることができたので、自分も来年、後輩にこのようなことをしてあげたいと”反射的に”思いまいた。

――”反射的”に思ったのですね。

俵谷:そうですね。元々、私は自分がされて嬉しかったことを他人にもしてあげたくなる性格なんです。振り返ると、見返りがない状態で何かをしてあげられるのがかっこいい、と憧れていたのかもしれません。

高校生の時に、親との何気ない会話の中で、自分がいかに大事に育てられてきたかを実感する瞬間がありました。その時に、感謝はもちろん、自分に見返りのない中で 無償の愛を与えるのってかっこいいなと親を尊敬しました。その経験から、自分も人に何かを与えることをしたいと無意識的に思っていたのかもしれません。

北海道にも機会を創り出したい

――反射的に人のために何かしたいと思えるなんてすごく素敵ですね。ところで、エンカレッジをやっているもう一つの理由というのは何でしょうか?

俵谷:北海道と東京の就職活動の機会の格差を解消しようと思ったからですね。

そもそも地方と都会の格差みたなものは就活以外にも体験していて、そこで憤りを感じたのことが原点になっているのかもしれないです。親友が、予備校に通うために札幌に出て一人暮らしをしなくてはいけない状態になるのを目の当たりにしたことですね。北海道内でも機会の差が存在しているなと腹が立ちましたね。

また、こと就活になると、今度は関東とそのほかの地域の情報の差や機会の差が格段にあることを思い知り、何とかして、北海道にも機会を作り出したいと思うようになりました。

生まれる場所など、自分の力で選べないものによってチャンスの多さが決まってしまうのは非常に理不尽ですし、変えていかなければならないと感じていました。

当然、北海道にも素晴らしい学生はいます。そのことを企業の方に理解してもらうために、私たちが頑張ろうと気合いが入ります。インターンの時期などは、私が「北海道の価値をわからせてやるんだ」「北海道を背負っているのだ」というくらいに気合いを入れて選考などに臨んでいましたね。

――では、今度は俵谷さんの後輩さんたちが企業に「北海道の学生は素晴らしい」と思ってもらえるように頑張ってもらわないとですね。

俵谷:そうですね。選考を突破したり、優秀だと認めてもらうことも大事なのですが。ただ、選考を突破するための技術を与えるのではなく、就活生が自分で考えて、自分に合う企業を見つけられるような状態になってもらいたいと考えています。その状態になるために、自分で考え、自分で行動できるためにキッカケを与えるのがエンカレッジの仕事だと思います。

そのためにも「前向きに就活をするために背中を押してあげられる存在」でありたいなと思います。「自分の人生を良くするために、就活している」という人を増やしていけるように、これからも活動していきます。

人気の支部ブログ